スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年02月28日

往事夢裡花落淚

一片青山入座,半盞秋水烹茶。默愛。
只是淺淺的在心中微笑,說不出怎樣的一份大喜大悲。也許我是冷漠的,愛把自己置身於紅塵之外,莫再傷感聚離別散。能否像書中表述的那樣,執一把拂塵,台灣集運到香港在菩提飛絮下悠然品嘗自己親手泡的茶,也許不是碧螺春、雀舌、月光白那樣名貴茶,只需是捧乾淨的新茶。看遠山黛墨,再也無關風光雪月。我不是愛做作的人,可蹉跎的社會又迫使我們擁有一顆向上攀爬的欲念,這是矛盾的。
微雨燕雙飛的季節,紅隨步,月中庭。冥思細想些無關痛癢的瑣事,在歲月之中,時間之外,我偏執著。有女若茶,能比作茶的女子都是很優秀的,我不敢說自己是多麼優秀,是賽李清照三分愁般的苦丁,還是勝蔡文姬七分情般的蘭芷。但我卻相信自己也是一品茶,也終有一盞般配的茶具,也許不是紫沙壺、青花盞、木魚石杯,卻也獨具****。
再也不喜歡關心別人的事情,去瑣碎別人的喜怒哀樂,徒留自己一身憂愁。看那些嘰嘰喳喳的女孩子,心中是不大喜歡的,卻又苦笑幾分,其實那些年,我又何嘗不是。看著離別時淚不成泣的鮫人,康泰領隊曾幾何時我也哭的花枝亂顫。歲月如茶,濃郁淺傷。心靜如水,偶爾驚起漣漪,不過也馬上恢復平靜。可惜沒有落花,無法成全我的水月鏡花,只如莊生夢蝶般徒留一場虛歎。
品茶之道又如參禪之道,那樣安之若素的境界又怎是我這浮沉之人可達到的。曾寫道:若有來生,你我願為一棵生長在半山腰的茶樹,既可以遠離紅塵,又免于高處不勝寒,你為枝我為葉,枝葉連根,此生不離。
綠時,是我突然萌發出的一個詞。有種陽光透過葉縫灑在臉上的溫暖,顫動著如翼的睫毛。晴好,在心中多默念上幾句便會滿心歡喜,當然有些無以言表。妙玉愛在梅花上取雪泡茶,我想菩提之下的雪應該更純淨吧,念:菩提本無樹,明鏡亦非台。本來無一物,何處惹塵埃。
我已無言於所謂的癡情愛恨,因為在如此年華的我們更多的是滑稽可笑。我相信姻緣是那種四目相對時面紅心跳的感覺,是于千萬人中驀然回首的茫然,是無故獨上西樓的惆悵。那是冥冥一種的一定數,多麼美好而神聖。而如今那些夾雜著利益與權衡的感情,我既能理解又難以接受的那些所謂你情我願的交往遊戲,慶倖如今我能坦然面對。我也真非善男信女,以多麼高就的姿態去指點,這又是矛盾的,無以言喻。
輕抿一口茶,卻道不盡其中滋味。若灑在人心中一盞茶,是否可散盡一些污濁,我知道這不過是囈語。有女若茶,僅在小心翼翼維護著自己那卑微的自尊與自信。一種情愫,牛欄牌奶粉奈我何去何從,水月鏡花,不知今昔何昔。
往事夢裡花落淚,誰記那粉黛梨漩,欠一聲囈語輕哼:知君不重胭脂色,為我獨留霜雪魂。
  


Posted by weetears at 17:17Comments(0)牛欄牌

2014年02月24日

再見,那就再也不見

有些感情我們是終究得不到的,你看了那麼多的故事,那麼多的悲傷,快樂。簡單的故事就像你簡單的心情。如新集團總是在飄忽不定,最後只剩下了複雜與沉重。

不小了,該長大了,我這輩子最感激的就是我的父母,其次就是我那為數不多的哥們。談什麼愛情?我根本不信。靜待緣分吧。

有些事,懂了,那就牢牢的記在心底吧。康泰領隊不要等到下次受傷了才又想起。何必作踐自己呢。

我不太喜歡說話,卻用文字記錄下我的心情。高興的時候我也會和你們開開玩笑,不高興了我不會,也不想找你們訴苦,每個人都活著不易,我為何還要去給他人添加包袱。

當然,有人找我傾訴我是高興的,因為那說明她心裡有我。

時光竟遷,當年天真的我已變得如此複雜。 時間就像慢性毒藥,停得越久便越疼痛難忍。

生活本就不易,我們為何還要如此沉重。那些說過的話,我就只當是玩笑了,香港如新集團說者無心,我又何必認真。

你若快樂,我便安好。

再見,那就再也不見
  


Posted by weetears at 11:02Comments(0)nuskin

2014年02月12日

三階に到着する

私の家は丘の上に建っているので、地上に当たる庭に面した階から数えると、全部で四階になる。玄関、通り側からすると地上階は半地下。物置および大工室。住居部分は三階建て。豪邸なのではなく、単に縦長のシティーハウス。

たとえば、プラスのネジ回しnuskin 如新
三階の工具箱か半地下の大工室の引き出しのいずれかにある。
これは確実。で、記憶を振り絞る。前回、確か半地下で使ったような使わなかったような使ったような気がする。移動距離の短い、一階から半地下に賭ける。大工室の引き出しを開ける。ない。半地下から三階まで行かなければならないし、三階から一階のサロンに戻ってこなければならない。家全体のど真ん中の螺旋階段をへこへこと上ったり下りたり・・・。
1900年築の古い家だから天井が高い。つまり、一階の高さが新しい家より高い。

三階に到着する。三階のホールの書棚に、「あれっ、おぉーーー、この本、ここにあったぁーーー、うっしっしぃー」と手に取る。ちらちらページを捲る。「おぉーーー、再読再読っ!」如新集團。ルンルンして一階のサロンに下りてくる。「あっ、ネジ回し」となる。

カミサン「眼鏡眼鏡眼鏡」
私「三階の息子の部屋で見たよ」
カミサン たったったったったっ
下りてくる。
息子の部屋の枕カバーとかを持っている。
「あっ、眼鏡っ」

そうそう、段々ね、上ったのはいいけれど、なにを取りにきたのか覚えてない時が増えてきている康泰自由行。毎日、相当、尋常ではないくらいに「指先を刺激している」のに・・・。

忘れたことを、まだ、覚えているうちに、そろそろ、平屋かしらぁー?  


Posted by weetears at 16:34Comments(0)nuskin