スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年11月23日

一昨日コタツを出

し、今日は蓄熱暖房機のブレーカーをにしました。蓄熱暖房機は手元スイッチがなく、ブレーカーでします。
シーズン最初にon、そしてシーズン終わりにです。昨年の電気代を見ていたら(はっぴe見る電)、11月16日にいきなり電気使用量が上がっていたので、多分昨年は16日にしたのだと思います鑽石能量水
なので昨年より半月早くしたことになります。
蓄熱暖房機は家全体が温まるまで1週間くらいはかかります。

今日は散歩に行くときダウンを着て、白手袋着用で行きました。
ダウンはが販売している薄~いのに似せた商品を生協のアウトレットで安く購入したものです鑽石能量水

使用目的はワンズの散歩用で、寒い地域なので下にたくさん着ても上から着られるようにとLを選びました。
犬の散歩は「道草」に付き合うことも必要なので、結構じっと待っている時間があります。じっと待っている間のために、私の場合は厚着必須です。
以前にMのダウンコートをアウトレットで買った時(これも犬の散歩用と思ったのですが)鑽石能量水、厚いセーターを着て上からコートを着ようとしたら袖がキチキチ。薄いセーターでも身頃がちょっとキツイというような具合でした。なので犬の散歩用から「よそ行き」になりました(⌒▽⌒;)  


Posted by weetears at 16:54Comments(0)

2015年11月17日

大分県の独自事業

みなさん、おおい昇華在線た子育てほっとクーポンの交付は受けましたか?このクーポンは、で、地域の子育て支援サービスを知って気軽に利用していただくことを目的に、就学前のお子さんがいる家庭を対象に、子育て支援サービスに使えるものです。詳しい内容は、クーポン交付時にお渡ししているチラシをご覧ください。

すでに利用されている方も楊海成多いと思いますが、問合せが多い内容について、お知らせします。◆クーポンの交付対象は、小学校就学前の児童ですが、小学生の兄弟姉妹も利用することができます。例:インフルエンザ予防接種で中学生以上のお子さんと保護者の利用はできません。

◆県内他市へ転出した場合は、転出先の脫髮福祉窓靴に未使用分のクーポンを持っていき交換してもらってください。
豊後大野市から転出後は、豊後大野市でクーポンの使用はできません。

◆クーポンが利用できるサービス提供者は、チラシの裏面の一覧のとおりです。
 利用する前にご確認ください。



  


Posted by weetears at 18:21Comments(0)

2015年11月08日

青綾被,莫憶金閨故步,儒冠曾把身誤

  東皋新雨,草木蔥蘢,山間溪水的改善橙皮紋 漲痕清晰可辨,沙州上聚集著白鷺、鷗鳥,一片靜穆明淨的景色 。 開頭,“買陂塘、旋栽楊柳,依稀淮岸江浦。”買到池塘,在岸邊栽上楊柳,看上去好似淮岸江邊,風光極為秀美。“沙觜”,沙嘴,即突出在水中的沙洲。“翠幄”,綠色的帳幕,指池岸邊的垂柳。“柔茵”,軟草。“東皋”句以下九句是說,剛下過雨,鷺、鷗在池塘中間的沙洲上聚集,很是好看;池岸邊的垂柳,遮住了天空;池塘四周,綠草如茵。作者一個人,坐在池塘邊上,自斟自飲。描寫了田園優美恬靜、爽朗明快的風光。字裡行間,透露出作者對此美景由衷的喜愛,從而,襯托出他潔身自好的情懷。“東皋嘉雨新痕漲”、“一川夜月光流渚”,均系作者從心底深處有感而發的佳句。 然而其中最令人神往的 ,莫過於滿山明月映照著溪流 ,將那一川溪水與點點沙洲裹上了一層銀裝 。以“ 一川”形容夜月,可見月色朗潔,清輝遍照。“光流渚”三字則將寧謐的月色寫得流動活躍,水與月渾然一體,那滔滔汩汩流動著的,難以辯識那是溪水還是月光。完全是一幅動靜諧和的山中月夜圖。面對著此景,詞人翩然起舞,頭上是濃綠的樹幕,腳底有如茵的柔草,偌大的世界好象只剩下他一個人,他盡情地領略這池塘月色 ,酒盡了還不忍離開。詞之上片,寓情于景 。表現了歸隱的樂趣。繪色繪影的描寫中,可見到作者“詩傳畫外意,貴有畫中態 。”的高超藝術表現力 。詞中用了由大及細 ,由抽象到具體的寫法,先說園內景色如淮岸湘浦,是大處落墨,總述全貌 。接著寫雨至水漲,鷗鷺悠閒,是水邊常見景物,但已見其明麗清幽。最後以“堪愛處”、“最好是”引出野居幽棲的最佳景象。

  下片抒情。“青綾被,莫憶金閨故步。儒冠曾把身誤。”青綾被,漢代制度規定,尚書郎值夜班,官供新青縑白綾被或錦被。這裡用來代表做官時的物質享受。金閨,金馬門的別稱。江淹《別賦》:“金閨之諸彥。”李善注:“金閨,金馬門也。”這裡泛指朝廷。儒冠,指讀書人。杜甫《奉贈韋左丈二十二韻》:“紈袴不餓死,儒冠多誤身SIAX 優惠。”這三句是說不要留戀過去的仕宦生涯,讀書做官是耽誤了自己。“弓刀千騎成何事,荒了邵平瓜圃。”弓刀千騎,指地方官手下佩帶武器的衛隊。邵平:秦時人,曾被封為東陵侯。秦亡,在長安城東種瓜,瓜有五色,味很甜美。世稱東陵瓜。這三句是說自己曾做過地方官,但仍一事無成,反而因做官而使田園荒蕪。“君試覷,滿青鏡、星星鬢影今如許。”覷,細觀。青鏡,青銅鏡。細看鏡中鬢髮,已經是兩鬢花白了。

  “功名浪語。便似得班超,封侯萬里,歸計歐亞美創美容中心恐遲暮。”這幾句是說,所謂“功名”,不過是一句空話。連班超那樣立功於萬里之外,被封為定遠侯,但回來不久便死去了。班超,東漢名將,在西域三十餘年,七十餘歲才回到京都洛陽,不久即去世。

  


Posted by weetears at 22:14Comments(0)

2015年11月08日

青烟幂处,碧海飞金镜


  上片開頭寫詞人仰望浩月初升情景。首二句化用李白詩中“皎如飛鏡臨丹闕,綠煙滅盡清輝發”句意,“青煙”指遮蔽月光的雲影。夜空像茫茫碧海,無邊無際;一輪明月穿過雲層,像一面金鏡飛上碧空,金色的光輝照亮了天上人間。“飛”字寫乍見月之突然升起,使人感到似是何處飛來,充滿驚異欣喜之情。“永夜”三句,通過永夜、閑階、涼露、寒蟬等物象,極寫月夜的靜寂清冷,描繪出一幅充滿涼意的,悠長寂寞的中秋月夜圖,烘托出詞人的孤寂心境和萬千感慨,流露出詞人對美好月色的珍惜眷戀。

  以下兩句,寫因望月而生的身世感慨。詞中引用,以藍橋神仙窟代指蟾宮月窟。這兩句意思是說,京城邈遠難至,倒是這一輪明月,與人為伴,對人更加親近。作者為蘇門四學士之一,曾三次任京官,後面兩次都是因牽連黨爭而去職,被貶外郡;作此詞前不久詞人雖得脫出黨籍,起任泗州知州,但朝中已無知音。“神京遠”的“遠”,主要是從政治的含意說的。

  上面這幾句讚美眷戀中透出了幾分淒清。這時作者已五十八歲,前次去官回家,就已修葺歸來園隱居,自號“歸來子”,忘情仕進,此詞對仕途坎坷,也僅微露悵恨而已,全詞的主調,仍然是曠達豪放的。兩句明白點出孤寂心情,意脈緊接上文,而揚景則由環境景物轉到望月抒懷。

  下片轉寫室內宴飲賞月。捲簾、開屏,都是為使月光遍滿,為下文“付與金尊”預作地步,表現了對明月的極端愛悅。“淡指粉”的“淡”字也與月光極協調。水晶做成的簾子高高卷起,雲母屏風已經打開,明月的冷光照入室內,宛如浸潤著佳人的淡淡脂粉。筵上的人頻頻舉懷,飲酒賞月,似乎要把明月的清輝全部納入金尊之中,待天曉時同著流霞,一道飲盡。

  這裡把月下筵面的高雅素美,賞月興致的無比濃厚,都寫到極致。月光本來無形。作者卻賦予它形體,要把它“付與金尊”,真奇思妙想也。天曉時分,月尚未落,朝霞已生;將二者同時傾盡,意思是說賞月飲酒,打算直到月落霞消方罷。

  結尾寫登樓賞月,由室內轉到室外。夜更深,月更明,雖然夜深露冷,作者賞月的興致不但沒有衰減,反而更加豪壯。這時他想起《世說新語•容止》記載的一個故事:晉庾亮武昌,嘗秋夜與諸佐吏殷浩之徒南樓賞月,據胡床詠謔。作者覺得庭中賞月不能盡興,所以要象庾亮那樣登上南樓,去觀賞那月光下如白玉做成的人無際素白澄澈的清秋氣象。古代五行說以秋配金,其色白,故稱秋天為素秋。用“玉做人間”比喻月光普照大地,可謂奇想自外飛來。它既寫月色,也暗含希望人間消除黑暗和污濁,像如玉的明月一般美好之意。

  全詞從天上到人間,又從人間到天上,天上人間渾然一體,境界闊大,想像豐富,詞氣雄放,與東坡詞頗有相似之處。全詞以月起,以月結,首尾呼應,渾然天成。
  


Posted by weetears at 22:11Comments(0)