スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2016年04月22日

のような男に

僕は、「自分の父親です」と言う以外に答えようがない。 僕は父親を尊敬しているし、そのほかの誰をも尊敬していない。 すごいなぁ、と思える人はたくさんしているけれど、「尊敬」というまでいかないのだ。 僕の中で尊敬する人とは、そのような人になりたい対象、目標となる人だ。 そうなると僕の場合、父親以外の答えはない。

もちろん面接官はそんなことまで訊いていないのだろう。 「あなたがすごいと思う人は誰ですか?」という質問と同じ意味で訊いているのだろう。 だったら「僕が尊敬する人は坂本竜馬です。彼の先見の明と、型にとらわれない行動力に惹かれます」と答えればよいのだろう。 でもそれでは嘘になってしまう。 僕は尊敬の定義を変えたくない。 「両親以外に尊敬する人を教えてください」と訊かれたら、僕は黙り込んでしまうだろう。 うまくその質問をかわせないに違いない。 


それに比べて「ミレニアムしゃせい」の男は、「私が尊敬するのはゴルバチョフです」とすんなり答えるに違いない。きっとそうだ。そうにちがいない。 その後彼は、眼鏡を5ミリほど指で押し上げてから、もっともらしい、こじつけ話をするのだ。

妄想がそこまで進んだ時、やっと僕は虚しくなった。 隣に座っている学生風の女の子のバッグには、本屋のカバーがついた本と、メガネケースと、財布と、何故か3個入りのヨーグルトのパックが入っていた。

僕が尊敬する人にこだわっているのには理由がある。 中学校を卒業する時、文集の最後に「将来の夢」を20文字以内で書けと言われた。 僕は何故かそこに、「****(父親の本名)なりたい」と書いていた。 今となっては、どんな気持ちでそう書いたのか、正確なことは忘れてしまっている。 ただ、「****のような男になりたい」と書き残した事実とその文集だけが現実に残っている。 おもしろ半分で書いたのだろうか。 他に夢が見つからなかったからだろうか。 毎日勉強に縛り付けておいて「将来の夢」などというもっともらしいことを訊く学校に腹が立ったのだろうか。  


Posted by weetears at 10:33Comments(0)

2016年04月14日

スと個人的趣味

それよりも、唐突に電話をかけてきた息子に対して、「何か辛いことでもあったのではないかしら?」と心配している様子だった。 普段は連絡を取っていないので、たまに電話をすると、これだからいけない。 仕事のことや、朝の食事のことなど、根掘り葉掘り尋ねられた。



なんだか話が長くなりそうになったので、話題を家族の近況に代えてみた。 ホストをしている弟は、最近あまり家に帰っていないらしい。 でも母親はあまり気にしていないようだった。 まぁ、もう23歳になるのだから、彼も色々あるの願景村だろう。

スターバックスが嫌いだ。 全席禁煙だし、渋谷のハチ公口の店が象徴する、商業主義・宣伝主義的なところも嫌いだ。 食器を洗うための人件費をカットするために、陶器じゃなくてプラスチックの容器を使うのも嫌いだし、ホットコーヒーに蓋がついていて、それを付けたまま飲むスタイルも、コーヒーの香りが楽しめなくて嫌いだ。 「コーヒーの香りを楽しんで頂くため」に禁煙にしているのに、ホットコーヒーに蓋がついているのは、矛盾しているのではなHong Kong Muslim Tour
だろうか。

「お盆の頃には帰るから」と約束して電話を切ったのだが、話の途中から早く電話を切りたくてしょうがなかった。 親と電話をしているといつも、自分が親不孝に思えてしょうがないのだ。 普段親のことなど100%忘れて生活しているからだろう。 まあ、それでも、みんな元気そうでFoodwise紅酒何よりだった。  


Posted by weetears at 11:17Comments(0)